宅建協会について

動画コンテンツ

  • 電子契約システム ハトサポサイン

    令和4年11⽉に全宅連が提供する電⼦契約システム「ハトサポサイン」は電磁的⽅法による書⾯交付を可能とする業務⽀援コンテンツです。

  • 新不動産情報流通システム ハトサポBB

    ハトサポBBは、会員支援サイト「ハトサポ」を通じて宅建協会会員に提供する新たな不動産情報流通システムの総称です。
    宅建協会会員様の不動産業務デジタル化・DX化を入り口から出口まで一気通貫でサポートするための新たなシステムになります。

  • 【法務省】1分でわかる成年年齢引下げ

    2022年4月1日、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。
    この動画は、成年になると何が変わり、何に気を付けるべきかということや、成年年齢が18歳になっても変わらないこと、成年年齢引下げの意義について簡単にまとめたものです。
    詳しくは、法務省のウェブサイト「大人への道しるべ」(https://seinen.go.jp/ )をご覧ください。

  • 『残置物の処理等に関するモデル契約条項の解説』

    【国土交通省】賃借人が死亡すると、賃借権と物件内に残された家財(残置物)の所有権は、その相続人に承継されるため、相続人の有無や所在が分からない場合、賃貸借契約の解除や残置物の処理が困難になることがあります。このようなリスクが主な原因となり、特に、単身の高齢者に対して賃貸人が建物を貸すことを躊躇する問題が生じています。

  • 低未利用地の利活用促進に向けた長期譲渡所得の100万円控除について

    【国土交通省】令和2年度税制改正において「低未利用地の適切な利用・管理を促進するための特例措置(長期譲渡所得の100万円控除)」が創設されました。
    この動画では、この特例措置を受けるための具体的な手続きなどについてまとめています。